看護師

名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう

生活しながら治療する体制

看護師

老年人口が増加するにつれて高齢者医療が問題になってきます。病院や看護師の不足、治療体制の不備などをカバーするために国が推進しているのが在宅医療です。世田谷区では地域の医師会、区の職員、ケアマネージャーなどが連携した協力体制ができています。在宅医療は自宅にいながら治療を受けられるので人気があります。

もっと読む

背骨と腰の関係

ドクター

脊柱管狭窄症の痛みを取り除くなら生活習慣の見直しも大切であり、適度な運動を行うと痛みを軽減できます。歩きだしてしばらくすると痛み出す脊柱管狭窄症ですが、症状が進行してしまうと外科的治療が必要になります。

もっと読む

腎機能を保つための治療

カウンセリング

腎臓病を患うと人工透析をすることになります。症状によって違いますが、週に2回か3回は通院治療することになります。最近はサービスが充実しており、送迎バスを用意している施設もあります。特に駅から遠い立地の場合は送迎サービスのある施設や病院を選ぶことが大事です。

もっと読む

正しい服薬方法

聴診器

下肢静脈瘤の治療中に薬を服用しているという人は多いですが、何種類もの薬を服用しているケースが圧倒的に多いのは高齢者でしょう。近年では高齢者による誤った服薬方法を危惧する声が挙がっており、実際にこうしたケースも報告されています。介護の現場では介護士の介助のもと服薬が行われますし、自宅に家族がいれば誤った薬の服用がなされても対応を行うことができます。しかし、一人暮らしの高齢者が増えたこともあり、体調の変化に気付くということが困難になっています。下肢静脈瘤のように分かりやすく足にコブが生じるならまだしも、多少の体調不良をそのまま見過ごす人も少なくないのです。地域で一人暮らしの高齢者の自宅を訪問するなどの取り組みはされ始めていますが、全ての地域で実行されているかというとまだ満足いく結果には至っていません。慢性的な持病を抱えている高齢者も増えているので、誤った服薬は命の危険にも繋がる恐れがあります。一人暮らしの高齢者でも、飲み忘れなどがないように安心して暮らせる方法が模索されているでしょう。近所でも評判の名医がいる病院をかかりつけにし、何かあればすぐ訪ねられる体制を整えておくことも重要です。名医が常にそばにいると安心して日々の生活を送ることができるのです。まずは下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らしましょう。

最近では、医療関係者や介護の現場、高齢者の声に応える形で薬の管理を行う機器が開発され、販売まで至っています。医療現場や介護の現場だけではなく、自宅でも使用することができます。飲み忘れを防ぐための機能が搭載されており、薬の飲み間違いを起こさせないと同時に適正量まで管理してくれます。服薬に関してデータとして管理することもできるため、訪問した医師やケアマネージャーなどが確かな情報を得ることができるようになっています。こうした機器が開発されたことで、慢性的に人材が不足している医療現場や介護現場は楽になりました。患者や施設利用者の数だけ薬があるため、薬の準備だけで多くの時間を必要としていました。しかし、機器に必要分装填するだけであとの管理は機器が自ら行ってくれるのです。一人暮らしの高齢者に関しても、服薬の安全性が高まったことで安心して見守ることができるようになっています。