腎機能を保つための治療|名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう
医者

名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう

腎機能を保つための治療

カウンセリング

通いやすい施設を選ぶこと

腎臓病にかかってしまったら人工透析をすることになります。症状によって差はありますが、腎機能を働かせるために週に2回か3回は透析施設に通う必要があります。そのため透析施設の選び方が重要になります。基本的には自宅から通いやすい所を選ぶのがベストです。施設によっては送迎車で送り迎えする所もあります。そのような施設はわざわざ電車やタクシーに乗らなくてもいいので人気があります。自宅近くに送迎してくれる施設があれば、迷わずそこを選ぶべきです。また近くにない場合でも、最寄り駅まで送迎してくれる施設もあります。例え駅から遠くて不便な立地でも、送迎バスが用意されている透析施設なら安心して利用することができます。

大事なのは居心地

人工透析というのは時間がかかるので、ほとんど1日がかりになってしまいます。そのためなるべく居心地の良い透析施設を選ぶことが大事になってきます。また昼間は働いて、夜に透析をする患者さんもいます。そのような場合は、夜間も行っている施設を選ぶ必要があります。腎臓病を患う人が増えているので人工透析を行う施設も増えています。少しでも多くの患者を獲得するために、施設によって色々なサービスを行っていますので、それらを比較して選ぶのも良い方法です。特に駅から遠い施設や病院になると、送迎サービスは当たり前になっています。一番良いのは腎臓を健康に保つことですが、万一人工透析を行う事態になった時のことを考えて事前に調べておくことも大事です。