生活しながら治療する体制|名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう
医者

名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう

生活しながら治療する体制

看護師

高齢化社会の問題を解決

高齢化社会が進むにつれて問題になってくるのが高齢者医療です。今後は団塊の世代が一斉に高齢化に突き進むと、医療施設の不足や介護体制の不備がクローズアップされてきます。そのため国では在宅医療を積極的に進めようとしています。地方自治体で在宅医療に力を入れてきたのが世田谷区です。世田谷区では平成19年からすでに在宅医療を支援する体制を整えています。それが医療連携推進協議会の設置です。この協議会が中核になって地域の在宅医療がスムーズに行えるようになっているのです。世田谷区内の医師会をはじめ、世田谷区の職員やケアマネージャーが連携して高齢者の在宅医療を支えています。この取り組みが全国的に広がりを見せており、新たな高齢者医療が行われています。

地域の連携が大切

高齢者にとって在宅医療の人気が高いのは、住み慣れた自宅で病気の治療や療養ができるという点です。病院などでは他の患者と一緒になるケースがほとんどなので、精神的にもきつい側面があります。しかし住み慣れた自宅なら気持ち的にもリラックスでき、症状の改善も進みます。在宅医療の場合は家族の負担が増えるのではないかという不安があります。しかし実際には訪問介護をお願いすることができますし、症状によっては病院への通院も可能なのです。つまり在宅医療といっても治療のやり方には選択の幅があるので、その点でも家族の負担は極力減らせるようになっています。今までは病気になると病院に入院して治療するのが一般的でしたが、これからは自宅で生活をしながら同じような治療を受けることができるのです。