背骨と腰の関係|名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう
医者

名医に因る適切な診断と処置|下肢静脈瘤の疑いを病院で晴らそう

背骨と腰の関係

ドクター

年齢を重ねると背骨と腰と筋肉が衰えてきますが、違和感をそのまま放置すると予期せぬ痛みを発症します。脊柱管狭窄症もその一つであり、最初は軽い痛みでも、症状が進行すると痛みで歩けなくなる場合があります。脊柱管狭窄症の痛みを取り除くには医療機関での治療が一番ですが、生活を見直すことも大切です。ライフスタイルや日常生活を見直す事で、背骨や腰にかかる負担を軽減する事ができます。まずパソコンワークが多い生活をしているなら、同じ姿勢を続ける事が骨に負担をかけています。そのため数秒間ストレッチをしたり、軽い全身運動を行う事で、固まった筋肉を解す事ができます。激しい運動ではなく、軽度な運動で良いため、心身ともに負担をかける事なく習慣づける事ができます。

脊柱管狭窄症は、本来であれば丈夫な椎骨に守られている脊柱管が変性により狭くなるため起こります。変性すると中を通っている神経や血管が圧迫を受けるため、痛みや痺れを生じます。脊柱管が狭くなるのは加齢が原因であり、年齢を重ねれば発症率が上がるため、誰もがかかりうる病気です。歩きだしてしばらくすると痛み出す脊柱管狭窄症は、背中を丸くすると楽になるのが典型的な症状です。50代以降になると発症率が上がり、太ももからふくらはぎ、足の裏等に痛みが出ます。症状が軽い場合は服薬や湿布、リハビリ等で痛み解消を目指しますが、進行すると外科的治療が必要になります。外科的治療は痛みの状況や年齢、体調や持病等が考慮されるため、一人一人の治療内容は異なります。脊柱管狭窄症は原因が特定できる腰痛の一つであるため、治療方法は確立されています。